和泉市上下水道部

鉛管について

暮らしの中の水道/家庭の水道水

鉛管使用の可能性がある家屋は、昭和52年12月以前

鉛管は、鉄管等と比べ腐食しにくく、曲げる加工がしやすいことから、配水管から家屋に引き込まれている給水管の材料によく使われていましたが、和泉市では、昭和53年1月から鉛管の使用が禁止されました。そのため昭和53年以降に建築した家屋や増改築に併せて給水管の取替えを行った場合は、鉛管が使用されている可能性はありません。

ただし、鉛管が禁止される前の昭和52年12月以前に建築された家屋では、鉛管が使用されている可能性があります。

鉛の溶出は国の基準値以下です

水道水の長期的な安全性を高めるため、平成15年4月に水道水中の鉛の濃度に関する水質基準値が、旧基準値の0.05mg/ℓ以下から現行の0.01mg/ℓ以下に強化されました。

給水管に鉛管が使用されている場合、水道水中に鉛が溶出する可能性がありますが、通常の使用では鉛の濃度は、国の定める基準値以下であり、安心してご使用いただけます。

念のために長期間留守にしたときや朝一番の水については、バケツ一杯程度を洗濯や掃除等の飲み水以外にご使用ください。

鉛管の取替えはお客様で

鉛管が使用されていても、通常に使用している限り健康に影響はありません。しかし、家屋の建替えや増改築を行う際には、給水管の取替えを行うことをお勧めします。配水管から分岐した給水管は、お客様の財産であり、鉛管をビニル管及びポリエチレン管に取替える工事はお客様のご負担で行っていただくことになります。

給水管が鉛管かどうか調べたい場合は、上下水道部で竣工図等を確認することができますので、お問い合わせください。

鉛管の解消に向けて〜上下水道部の取組み

上下水道部では、配水管の布設替え時や漏水修理工事のときは、鉛管をビニル管及びポリエチレン管に取替えています。早期解消に向けて布設替え工事の際は、皆様のご協力をお願いします。

お問い合せは
水道工務課

(直通)0725-99-8151まで
(代)0725-41-1551